【フルキャスト】タイムシートの書き方と反映されない場合の対処法

フルキャストの日雇いバイト(スポット紹介)には、タイムカードならぬ「タイムシート」というシステムが存在します。

 

これ ↓

フルキャスト,即給,スポット,タイムシートの記入

 

今回は、「タイムシートの書き方」について解説します。

 

また、タイムシートに記入することで勤務実績に反映されるのですが、即給を申請したい方はタイムシートの反映」がすこぶる重要です。

というわけで、「タイムシートが反映されない場合の対処法」についても合わせて解説します。

この記事のポイント:

①タイムシートの書き方
②タイムシートが反映されないときの対処法

レギュラー派遣の方はこちらの記事をどうぞ

タイムシートの記入方法

最初に、タイムシートの記入方法について見てみましょう。

 

フルキャスト,即給,スポット,タイムシートの記入

・所定時間通りに就業した場合は「スタッフ署名」のみ記入(赤枠の例
・残業や早退など、所定労働時間と実働時間が異なる場合は、「実際に就業/休憩した時間」を記入(青枠の例
・スタッフ署名がない場合は欠勤扱いとなる(緑枠の例

普通に働いた場合は、名前だけでOK。
残業した場合は、その時間をきちんと書かないと、残業代がもらえません。

 

また、タイムシートはFAXでフルキャストに届くため、しっかりとした筆圧で、大きく字を書きましょう。

 

より具体的な記入例を下記にまとめましたので、参考にしてください。

タイムシートの具体的な記入方法(クリックで開きます)

フルキャスト,即給,スポット,タイムシートの記入

フルキャスト,即給,スポット,タイムシートの記入

フルキャスト,即給,スポット,タイムシートの記入

フルキャスト,即給,スポット,タイムシートの記入

バイトが終わったのにタイムシートがない場合

タイムシートへの記入がないと、給料がもらえなくなり、タダ働きになってしまいます。

 

現場に担当の人がいなくて、現場の人に「タイムシートってなに?」と聞かれたら、この記事を読ませて、タイムシートの重要性を教えてあげてください。

 

「あれ? 仕事が終わったのにタイムシートに書いてくれって言われないな・・・」って時は、間違っても「ま、いっか。なんとかなるでしょ」と帰ってしまってはいけません。

なんとかなりませんから。

 

タイムシートを書くまで、絶対に帰ってはいけません。

 

帰るなよ! 絶対に帰るなよ!
(フリではありません)

タイムシートを記入した後の流れ

タイムシートに記入したら、あとは紹介先企業とフルキャストとのやり取りになります。

タイムシート反映までの流れ:

①紹介先企業がフルキャストにタイムシートをFAXで送る
②フルキャスト側でタイムシートを処理
③キャストポータルのマイページにある「勤務実績一覧」ページに勤務実績が表示

タイムシートの反映後、即給の振り込み申請が可能に!

勤務実績の内容が違う場合は登録支店へ連絡

タイムシートの読み間違え等が原因で、実際に働いた時間と勤務実績の内容が違うという時には、登録支店へ電話しましょう。

連絡先はキャストポータルのトップページに記載されています。

タイムシートが反映されない原因

さて、即給を使いたい人にとっては、タイムシートはすぐ反映してもらわないと困るわけですが、どうにもネット上では「フルキャストのタイムシートの反映は遅れがち」という口コミが多く見られます。

 

タイムシートが反映されないのは、主に下記の4つが原因だと思われます。

タイムシートが反映されない原因:

①タイムシートに不備があった
②タイムシートがフルキャストに届いていない
③届いたタイムシートの勤務時間が読み取れない
④土日・祝日だった

 

それぞれの対処法を順番に解説します。

1.タイムシートに不備があった

対処法:待つ。

 

タイムシートへの記入内容に不備が見つかった場合、反映が遅れます。

自分は正しく記入していても、同じ日にタイムシートに記入したバイトさんの書き方が間違っていれば、やはり反映は遅れます。

 

記入に問題がなければ必ず反映されるため、とりあえず待ってみましょう。

2.タイムシートがフルキャストに届いていない

対処法:待つ。

 

紹介先の企業がタイムシートをフルキャストに返すのが遅れれば、当然反映も遅れます。

 

「なんでや! 俺、ちゃんとタイムシート書いたで!」

 

でもさ。もしかしたら他のバイトさんが書いてないかもしれないじゃん?
全員の署名がそろうまで、企業はタイムシートを送れないのさ。

 

まあ、紹介先の企業が「送るのを忘れてる」って可能性もありますけどね。

担当者がずぼらでないことを祈りつつ待ちましょう。

3.届いたタイムシートの勤務時間が読み取れない

対処法:待つ。

 

タイムシートはFAXでやり取りされるため、しっかりとした筆圧で、大きな字で書かないと、勤務時間が読み取れず、確認に時間がかかる場合があります。

 

「なんでや! 俺、ちゃんとタイムシート書いたで! 2行分の大きさで書いたで!

 

いや、それはそれで問題ですが。
というか、むしろそれが原因では?

 

とにかく、この場合も待つしかありません。

「そんな悠長に待てないぃぃぃぃ!」って方は電話で支店に問い合わせてみましょう。

4.土日・祝日だった

対処法:翌営業日まで待つ。

 

土日と祝日は、フルキャストさんはがっつり休むのです。
なぜなら営業日じゃないから。

お休みが明けるまで待ちましょう。

まとめ

というわけで、タイムシートの記入法と、すぐに反映されないときの対処法を解説しました。

 

「『対処法を教える』とか言っときながら、全部『待つ』しかないじゃん! 詐欺じゃん!」

と思ったあなた!

 

僕も思いました! ごめんなさい!

 

タイムシートはフルキャスト側で処理するものなので、バイト終了後にちゃんと書き込んだのであれば、あとは待つ、もしくは電話するしか、アルバイターとしてはやることがないんですよね。

 

そんなわけで、ここで一句。

 

フルキャスト TS(タイムシート)書くまで 帰れま10。

 

タイムシート、反映されるといいですね!

The following two tabs change content below.
管理人:こーちゃん

管理人:こーちゃん

一戸建て賃貸の縁側でパソコンに向かい、記事執筆をしている「えんがわライター」のこーちゃんです。

最近、兄が副業でwebライター業を開始。

某有名小説募集の推理部門において、最終選考まで残った経験がある兄に対して、しがないライターである弟がライターとしてのコツを伝授するという謎の事態に。

長野県在住、1児の父。構成・記事執筆・ワードプレスのタグ装飾まで手掛けます。

お仕事のご依頼はこちら

カテゴリ一覧