フルキャスト【口コミ】日雇いで46000歩あるいたらお金もらえた

2020年2月24日

皆さんの携帯には万歩計アプリが入っているでしょうか?

最近、僕の万歩計アプリがたった1日で驚きの46000歩を記録しました。
4万歩を超えるってなかなかないですよね(汗)。

しかも46000歩あるいたらお金までもらえました(´▽`*) ラッキー!

「もっと歩きなさいよ」とかせっつかれてる出不精の皆さん。
せっかく歩くなら、フルキャストの日雇いでお金もらえる歩き方(?)をしましょう!

フルキャストで面白いバイト見つけた

フルキャストの単発バイトの中に面白い仕事がありましたので口コミを書いてみます。

「46000歩あるいてお金をもらうバイト」

一体どういうことだ!
はい、どういうことか説明します。

某大手の宅配サービス工場のバイト

就業先は某大手の宅配サービス。物流センター内でのお仕事でした。
え、会社?

コー〇です。

感想を表にしてみた

ちなみに今回のバイトの感想を表にすると、こんな感じ。
※個人的な主観によるものです。

作業内容 物流センター内、チルド倉庫での梱包した商品の運搬
時給 ★★☆☆☆ 900円
仕事の難易度 ★★☆☆☆ 複雑な作業はない
人間関係 ★★★★☆ フルキャストを扱いなれている感じ
体力使用度 ★★★★☆ 重量物を扱うので女性は大変
足が棒になる度 ★★★★★ もう・・・これ以上歩けない・・・っ
総合評価 ★★★★☆ 疲れるが気持ちは楽で働きやすい

全体的な評価は〇。ちょっと給料は安いけど。

スポット紹介の派遣さんをたくさん使っており、フルキャストの扱いに慣れている感じがしました。
こういう所はフルキャストの募集の中でも比較的働きやすいです。リピーターも多く、僕も数回リピートしてます。

働きやすいってのは何よりも重要ですね。
では、実際どんなことをしたのかを見てみましょう。

単純作業。とにかく歩けばいい

スポット紹介は日雇いなので、基本的に簡単な仕事・単純作業を任せられるんだけど、このコー〇も同様で、作業内容は言ってしまえば・・・

ひたすら歩く。

注文通りの品が入れられた発泡スチロールが数段積み上げられた台車を、所定の位置までひたすら運ぶ、運ぶ、運ぶ。

僕の携帯はHuaweiでデフォルトで万歩計アプリが入ってるんですが、今回は午前中の時点で2万歩を超え、終業後の帰る車の中で改めて万歩計を見たらあらびっくり。

46000歩超えてましたよ。

46000歩=30㎞!? 「健康的」の域をやや超えてる気もする

万歩計をスクリーンショットで撮ったら、驚きの事実。

46000歩あるくと、33㎞以上歩いたことになるらしいです。

 

普通にすげー。

 

僕、30㎞以上も歩いたのか。

 

以前同じバイトで35000歩くらいあるいて20㎞以上だったんですが、今回は自己ベスト更新しました(何の競技だ)。
前回は「健康的でいいじゃん!」と思えましたが、46000歩もあるくとさすがに「健康的~」などとは言ってられない。まじで足が棒になったかと思いました。

体はきついが考えなくていい

フルキャストの単発バイトの利点はあまり考えなくていいこと。責任もあまりない。
運んでる最中にいろいろ人生について思考を巡らせたりして、それもまた意外といい(哲学)。

難点はとにかく疲れること。

4万歩もあるいてると、ガチでひざが曲がらなくなってきます。
これが「足が棒になる」というゆえんか。

体が弱い方は控えた方がいいです。
まあ、こんなに歩くのもめずらしいとは思いますが。

僕は体は丈夫なので、いろいろ考えなきゃいけない仕事よりはこういう単純作業をひたすらやる方がありがたい。

あまり頭使わず「歩くだけでお金もらえる」感覚でやれるのはおいしいですね。

おいしいといえば、フルキャストにはこんな単発バイトもありました。

フルキャストのスポット派遣は社会科見学の感覚で

以上、フルキャストの面白い単発バイトの口コミでした。

フルキャストでは他にもいろいろ日雇いに行きましたが、面白い案件が結構あります。
色々な仕事が見れて、社会科見学の感覚にもなりますね。

おすすめはやはり「あまり責任なくやれるところ」です。
責任が重いのであれば、スポット派遣(正確にはスポット紹介)でやるには割に合わないですからね。

皆さんも面白そうな派遣を見つけて行ってみてはいかがでしょうか?ぜひあなたの口コミをお待ちしております♪

The following two tabs change content below.
管理人:こーちゃん

管理人:こーちゃん

一戸建て賃貸の縁側でパソコンに向かい、記事執筆をしている「えんがわライター」のこーちゃんです。

最近、兄が副業でwebライター業を開始。

某有名小説募集の推理部門において、最終選考まで残った経験がある兄に対して、しがないライターである弟がライターとしてのコツを伝授するという謎の事態に。

長野県在住、1児の父。構成・記事執筆・ワードプレスのタグ装飾まで手掛けます。

お仕事のご依頼はこちら

カテゴリ一覧