フルキャストで必要な持ち物チェックリスト

2020年1月22日

人材派遣会社フルキャストの日雇いバイトに行くとき、
紹介先に行く前に「必要な持ち物はなんですか?」と確認するのはとても大事です。

じゃないと、

「お昼ご飯支給されるのかよ!お弁当持ってきちゃったよ!」

みたいな事態に陥りかねません。
ちなみに僕は2回陥りました。

また、必要な持ち物が足りないと、あとあと紹介先に提出しなければならなかったりと面倒くさいことになります。

せっかく持って行った持ち物が無駄になったり、必要な持ち物に事欠いたりしないよう、フルキャストに行くときは必ず持ち物をチェックしましょう!

フルキャストで紹介先が決まった! という時に考えるべきこと

フルキャストで紹介先が決定すると、「紹介先決定のお知らせ」というメールが来ます。
いざ紹介先が決まった時、次に何をしなければならないか皆さんはすぐに行動できるでしょうか?

フルキャストの紹介先が決まったらまずチェックすべき項目は、

「就業場所・時間」
「服装」
「持ち物」

の3点です。
今回は持ち物について見ていきます。

マイページの「お仕事の状況」から持ち物をチェック

フルキャストは紹介先によって持ち物・振り込み方法・通勤方法などが細かく違うため、毎回チェックが必要です。

マイページのメニュ→「お仕事の状況」→「紹介済み」と進むと、紹介先の募集内容がチェックできますので、そちらで確認しましょう。

 

ちなみに・・・持ち物はすべて自腹です

紹介先企業が指定する持ち物は、必ず募集内容に全部書いてあります。
ちなみにですが、この募集内容に書かれてある持ち物は持っていない場合、すべて自腹で購入する必要があります。

自分で持ち物を購入しなければならないのは面倒に感じ、損をしているように感じますが、ない物は一度購入すればほかでも応用が利くので、最初だけと思って我慢しましょう。

紹介先によって千差万別!頻度が多い持ち物は?

フルキャストの派遣で困るのは、毎回持ち物が違うこと。
今回は「頻出する持ち物」と「業種によって異なる持ち物」を順番に紹介します。

身分証明書・マイナンバーカード(通知カード)・印鑑

まずは頻出する持ち物についてです。
最も頻度が高いのが「身分証明書・マイナンバーカード・印鑑」です。

フルキャストの派遣は1日からの「スポット紹介」と31日以上連続の「レギュラー派遣」の2種類があります。

特に1日からのスポットバイトは「日々紹介」という形を取っており、労働者の雇用主は紹介先の企業です。

ということは、労働者と紹介先の企業が直接雇用を結ぶので、当然雇用主は労働者の情報を登録する必要があります。

このことから、最初の書類記入の際に身分証明書などの提出を求められることが多いのです。

通帳・振込先がわかるもの

身分証明書などと同じく提出が求められることが多い持ち物が「通帳、あるいは振込先がわかる情報」です。
こちらも同じく、紹介先の企業から直接労働者に給与を振り込むために必要になります。

振込先の銀行が指定されている場合もあるので気を付けましょう。

※身分証明書・マイナンバーカード・通帳などはコピーでもかまわない場合がほとんどです。

お弁当・飲み物

1日フルで働く場合、お弁当・飲み物は必須です。

「お昼が食べられます」「昼食付きです」等の条件がなければ必ず必要になるので、用意しておきましょう。
ただし、お弁当類が持ち物欄に書かれていなくても、お昼が出る場合があります。とても厄介。

お弁当持って行ったのにバイキングが出たお仕事の口コミ記事

筆記用具(メモ帳)

明記されていない場合もありますが、頻度が高い持ち物として「筆記用具・メモ帳」が挙げられます。

特に初めての紹介先では書類記入することが多いので、常備しておくとよいでしょう。

業種によって変わる持ち物

その他、紹介先企業の業種によって持ち物は様々です。

いくつか例を見てみましょう。

軍手(引っ越し系・工場系)

持ち物欄に結構多く記載されているのが「軍手」です。
主に引っ越し系、工場系で記載されていることが多いです。

軍手というと白い軍手を思い浮かべますが、ここはゴム製のラバー軍手がおすすめです。ラバー軍手はグリップが利き、どんな作業でも万能に使いやすいです。
ただし、白い軍手が指定されている場合もあるので、どちらがいいかは要チェックです。

ちゃんとした軍手ならホームセンターで買えますし、100均で買った物でも普通に使えるので、引っ越し系・工場系の紹介先に頻繁に行くなら1~2着購入しておきましょう。

カッター(引っ越し系)

引っ越し系で頻出するのがカッターです。
段ボールを開ける作業等に使う場合があります。

カッターも100均で買えるもので大丈夫です。

髪留め・ヘアゴム(工場・キッチン系)

髪留めヘアゴムが指定されている紹介先もあります。
主に食品を扱う工場系、キッチン系で記載されることが予想されます。

エプロン(キッチン系)

キッチンスタッフ系の業種ではエプロンを持ってくることが条件の場所もあります。
柄は派手すぎないものがおすすめですが、数少ないおしゃれポイントとして攻めるのもあり(ただし、自己責任で)。

黒い服やズボン・靴(ホテル・式場系)

ホテルや式場系、特にその中でも食事の配膳等お客さんの目に触れる業務系でありうるのが、黒い服装の指定です。
イベントのチケットもぎり・案内などでも「スーツ」という指定がある時もあります。

フルキャストの持ち物確認は入念に

以上、フルキャストで必要な持ち物について見てきました。

・身分証明書
・マイナンバーカード
・通帳、振込先情報
・印鑑
・筆記用具
・お弁当・持ち物

 

このあたりは頻出する持ち物なので、常備しておきましょう。

時々独特な持ち物を指定する紹介先もあります。
僕が行った紹介先では書いてませんでしたが、印刷工場の応募で「耳栓」というものがありました(印刷工場は音がうるさいため)。

上記以外の各企業によって異なる持ち物も、大体が100均でそろう印象です。
持ち物の不備がないよう、入念に準備しましょう。

The following two tabs change content below.
管理人:こーちゃん

管理人:こーちゃん

一戸建て賃貸の縁側でパソコンに向かい、記事執筆をしている「えんがわライター」のこーちゃんです。

最近、兄が副業でwebライター業を開始。

某有名小説募集の推理部門において、最終選考まで残った経験がある兄に対して、しがないライターである弟がライターとしてのコツを伝授するという謎の事態に。

長野県在住、1児の父。構成・記事執筆・ワードプレスのタグ装飾まで手掛けます。

お仕事のご依頼はこちら

カテゴリ一覧